就活と大学の授業にすべての時間を割く!

もうTOEICも終わり、今後半年でやるべきことは大学の授業と就活です。

この業界で働きたいということは決まっていて、行きたい会社もある程度絞っていますが、もう一度その辺りを調べながらまとめていこうと思います。

また、就活イベントの参加を逃してしまうとチャンスを逃してしまうことになるので、就活サイトと会社のサイトをしっかりとチェックしておきます。

 

関係ないですが、高校生の弟に大学選びで就職先や職業についてだけでなく、「シラバスを読んでおいたほうが良い」ということを伝えておこうと思いました。

 

  • 書籍『銃・病原菌・鉄』(30min)
  • 火曜 大学の授業1限(90min)
  • 水曜 大学の授業1限(90min)
  • 水曜 大学の授業2限(90min)
  • 水曜 大学の授業3限(90min)
  • 水曜 大学の授業4限(90min)
  • 木曜 大学の授業1限(90min)
  • 自己分析マインドマップ(2h)
  • 買い物(1h)
    • リステリン
    • 手袋(探すor買う)
    • 振り込み
    • カードの振り込み銀行変更
  • 大学の課題を確認して取り組む
    • 交シ工演のプリント提出(1h以内)
    • 不動産プリント提出(0.5h以内)
    • 社調論プリント提出(1.5h)
    • 社調論のエクセルファイル提出(0.5h)
    • ゼミの発表資料まとめて完成させる(0.5h)
    • 交通安全の課題作成(2h)
  • 漫画『銀のアンカー』読む&メモる(2h)
  • 面接本(1h)
    • マインドマップに志望動機を書く(1h)
  • ツイキャス(30min×10)

メモ:適正検査は「雇わないほうが良いかどうか」を調べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です